スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ペット

12月4日(土)


     聞いてください。 ワンコの話し。



近くの身寄りのないおじいさんに不幸があった。 

管財人という人がおじいさんの住まいの整理をしている。

おじいさんは、一人暮らしがさみしいからと近所の人の反対を押し切りワンコを飼っていた。

おじいさんがたまに入院したりするときは、社会福祉士の人が犬を預かっていた。

検査に行く時や、体調が悪い時は近所の女の子のプードルを飼っている40代の女性が

犬の散歩や、ご飯の世話をしていた。



今回の夏前からの入院は長く、帰ってくることができなかった。 

ワンコの名前は ラブ。 

先日、ラブを連れておじいさんの家を見に来た社会福祉士のAさんと、会った。

Aさんが私に困ったように

  『どなたか、ラブちゃん飼っていただけないでしょうか』と言った。

  『あら、Aさんに飼えないのですか?』

と聞いてみた。預かっていたAさんは本当は犬を飼うことができないところにいた。

今までかなり無理をしていたことが分かった。

  『管財人の人に犬はどうしましょうと言いましたら、保険所連れて行きますから、今日でもいいですよ』

と言われたそうだ。



心臓が止まりそうになってしまった。

そうだ。ペットは法律的には物だった。



ロッキーとマーフィーとの折り合いが良ければ、すぐにでも引き取るがまるで駄目であった。

ラブは犬が嫌いだ。



なんとか、いい人探すからしばらく預かっていてくださいと頼んだ。



ワンコを飼っている友達10人にメールを出した。

その時ラブについて分かっていたのは、

ラブはプードルと何かのミックスで4歳ぐらい、去勢している。そんな事だけだった。




でも、皆、心配してくれ2件ほど問い合わせがあり、来週月曜日お見合いすることになった。




昨日は、役所の人にラブのワクチン接種のお知らせの葉書を見せてもらえた、

かかっていた獣医さんが分かり、ラブの生年月日も分かった 



           19年7月13日 まだ3歳半だった。

   そしてプードルと、パピヨンとのミックスということも分かった。





月曜日のお見合いがうまくいくこと、いい人であることを願っている。



月曜日うまくいかなかった時は、写真を撮ってポスターを作る予定である。

ペットトリミングサロン、獣医さんに張ってもらおうと思っている。




    心痛んだ、ちょっと頭痛もした週の後半でした。

飼い主に先立だれたペットが、私の身の回りで3件目です。

なんだかどう考えていいのかはっきりと思考回路がまだ動きません。

身寄りがないから、大変なことになるというわけではない事も過去の件で分かりました。

身寄りがいても、飼えない人、ペットが嫌いな人もいます。



ペットと暮らすことはとても素晴らしい 人生の相棒を持つことです。

  でも 今 ちょっと重たくなってしまった心を少し持てあましています。



2010/12/04 22:13 | その他TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。