スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

簡単に作れる発砲入浴剤

1月3日(日)

   空気も乾燥して・・・あれを作るのには とってもいい日


   今日は アロマクラフト・・発砲入浴剤作りをしました。


   基本の材料・・6~7個

   009_convert_20100103141343.jpg


    ・重層・・300cc    ・クエン酸・・100cc  


    ・無水アルコール・・25~30cc



 作り方

010_convert_20100103141422.jpg  ・重層とクエン酸をよく混ぜる。
011_convert_20100103141514.jpg  ・無水アルコールを入れる。
012_convert_20100103141555.jpg  ・アルコールをなじませるようにまぜる。
015_convert_20100103141733.jpg  ・形ができるようになってきたら丸める。

  ・型があれば詰める。
020_convert_20100103141916.jpg    ・風通しのよいところで約1日干す。
   日が当たっていてもかまわない。

  ・乾いたら、1つづつラップに包み保存する




  手作り発砲入浴使ったことのない方に・・

   017_convert_20100103141800.jpg


   少し入れてみます

   018_convert_20100103141829.jpg

   こんな具合に発砲します。

   021_convert_20100103141948.jpg

   しばらくおいても しっかりとした泡です。

   なかなか、いいでしょう。


   作って見ようかなと思った方へ

  ☆上手に作るために

   1) 一番手に入れにくいのが、無水アルコールです。

      薬局に行くと、消毒ならエタノールがいいですよと言われます。

      手作り化粧品を作るので・・・といえば、相手は 5割ほど 納得します(笑)


  
 なぜ、無水が必要かと言いますと・・・エタノールは無水アルコールをで薄めたものです。



   2) 今の時期が作るのに最高という理由につながります。

      もし、梅雨の時期の雨降りの日・・・作った場合どうなるかといいますと。

      作ってるそばから空気中の水分と反応して、ブクブクブヨブヨ してます。


     ◎ 乾燥したところで、水分を寄せ付けずに作るとうまくいきます。



     密封容器に入れて、湿気が来ないように保存すれば、

     基本の発砲入浴剤は3年ぐらい持ちます。

     だたし応用編は2~3カ月以内に使ってください。



  ☆応用編

      ◎ 無水アルコールを入れる前に混ぜておいてください。 


  1)アロマオイルを 入れ香をつける・・・ 20滴ほど

  2)ハーブパウダー(ハーブ粉状にしたもの)を入れ色をつける・・・色を見ながら

  3)スキムミルクを入れ牛乳風呂・・・・大匙6

  4)ホホバオイルを入れ保湿力アップ・・・大匙1



   R&M母が材料を買っているお店・・重曹・クエン酸・・  JK!


   アロマ関係は『生活の木』です。 ハーブパウダー     ホホバオイル



        *~:~*~:~*~:~*~:~*


  
  昨夜は おせちの残りと 粕じる仕立ての三平汁 でした。



     002_convert_20100103153000.jpg


      三平汁は、ニシンの糠ズけで作りました。

     

     003_convert_20100103153043.jpg


   

     ⇔ にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
     

    
    毎回 ありがとうございます。
           励みになります。
     



2010/01/03 16:43 | アロマCOMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

なるほどぉ~!!
記事を読んだら、
作れそうな気がしてみました。
アロマオイルは見かけるけれど、、、
保湿オイルってどこにあるんだろう?
オイルははずせない。。。
ちょっと、
お店をリサーチです。

三平汁が暖かくて美味しそうです。
どうやら、
今週の半ばあたりから寒くなりそうです。

No:2496 2010/01/03 19:54 | おNOU天気 #- URL編集 ]

おNOU天気 様

今、お風呂に入りながら考えました。

こういうもの(気分がいいもの)は形が大切なので、
商品のように形作るということが大切なんですが。。

忙しい時、夏、入浴ボムがうまく作れないとき
どうするかと言いますと、実に簡単。

お茶碗に、重曹ティースプーン山盛り3杯、クエン酸1杯を入れて、
好きなアロマオイルを5~6滴入れて、
保湿がしたければそれ用のオイルも3~6滴入れてかき混ぜ・・・・

一緒に湯船につかって茶碗を沈めればいいんです。

ちょっと現実的すぎるけど、それが一番簡単で合理的な方法。

でも、これを言ってしまうと、ちょっと夢がなくなるでしょう(笑)
言おうか言うまいか、考えてました(笑)

保湿のオイルですが、

ホホバオイルはアロマセラピーの中では、
皮膚の呼吸を妨げない唯一のオイルで、高価ですがとてもいいものです。
私はマッサージもホホバを使ってます。

ホホバがなかなかない時は、
今の季節なら椿油(髪の毛につけるの)の無香料がお勧め。
椿油を使うなら、ホホバの半分の量で。

No:2497 2010/01/03 23:08 | ロッキー&マフィー母 #- URL編集 ]

なるほど!この乾燥した時期に作るのが
適しているワケがわかりました。

自分で発砲入浴剤が作れるなんて思ってもいない
事でした!感動です。
難しい事はわかりませんが・・・
材料を揃えさえすれば作れるような気がしてきました。

基本の入浴剤。密封容器に保存すれば3年も持つなんて
驚きました!!(^ー^)ノ~~

三平汁。身体の芯から温まって美味しそうですね。

No:2499 2010/01/04 13:41 | マミー♪ #MRDfM7TU URL編集 ]

マミー ♪様

この作り方だと難しくありません。
ほぼ成功します。

アロマセラピーの資格を取る前に、
本屋さんで買った本に載っていたように、
精製水で重曹とクエン酸とをこねて作ったところ、撃沈しました。

どんどん反応して、ブクブクしてるんです。
こりゃだめだと思ってました。

ちょっとですが、ちゃんと習ったら・・・
なんだそうだったんだ、と思いました。

とても注意する方は、クエン酸と、重曹混ぜる前に天日乾燥させて、
カラカラにするとのことです。

私は、今のところそこまでしなくてもできております。

三平汁、気に入っています。
糠ニシンお取り寄せしようかななんて思ってます。

No:2500 2010/01/04 23:37 | ロッキー&マフィー母 #- URL編集 ]

発砲入浴剤の記事 とっても興味深く読ませて頂きました。
お材料がそろっていてお天気がいい日(乾燥ですね)が適しているような。。。
まだ使用してなんです。
きれいでもったいなくて。(笑)飾ってあります。
向こう3年は大丈夫とのこと 素晴らしいですね。
機会がありましたら是非作ってみたいと思います。
その前に使ってみなくては ですね。(笑)
R&M母さんの細かいコメントがとてもうれしいことです。

三平汁 美味しそうです。体がポカポカしてくるようです。

No:2503 2010/01/05 09:51 | primrose #hTNErlYA URL編集 ]

primrose 様

どうぞ、お使いください。
基本のものでよろしかったら、ありますので
遠慮せずに、おっしゃてください。送ります。

三平汁のニシン、例の押花おばさんのニシンです。
それこそ、あ~~粕汁で食べたいともったいなくてとっておいたんですよ(笑)
調べたら、5匹組でお取り寄せできるようです。
取り寄せようか、考えています。

No:2511 2010/01/05 22:27 | ロッキー&マフィー母 #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。