スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ゴーヤあれこれ

8月3日(日)

 8月ですね。 暑い事です。 

 どうぞご自愛ください。

 夏に食べるのは夏野菜、夏に必要なビタミンも豊富です。

 夏野菜の代表 ゴーヤ。

 あの苦味は、モモルデシンと言う物、肝機能を促進させます。

 ビタミンC も多く含み日焼けに効果有り。

 カリウムも多く身体の熱を取ります。

 そんなゴーヤですが、代表料理のゴーヤチャンプル、夫が食べられません。

 全体が苦くていやだそうです。

 困った私の考えたゴーヤ料理、

 ちょっこっと苦いのは我慢できるあなたへ・・・お届けします。


 *ゴーヤとクコの実のオリーブオイル&フラックスシードオイル漬け(白だし&胡椒味)

 2014-08-03+002_convert_20140803204819.jpg

 ・ゴーヤの中綿を取りその後に降り塩をしておく

 ・お湯を沸かす  

・クコの実は、洗って、熱湯をかけぬるま湯でもどしておく

 ・ゴーヤを薄切りにする。

 ・ゴーヤから水分が出ていたら ゴーヤサッと洗う

 ・沸いているお湯にゴーヤを入れる もう一度沸騰してら5秒ぐらい待ちざるにあげる

 ・そのまま、冷ます

 ・ゴーヤに柔らかくもどしたクコの実を入れ 味を付ける。
  白出汁、塩・胡椒で味をみながら
 
 ・オイルを入れる オリーブオイルとフラックスシードオイル よくからませる。

 2014-08-03+005_convert_20140803204917.jpg


 オイルが苦味を包み込みます。 ちょっと箸やすめになります。
 きれいな箸で取り分けて食べれば3~5日ぐらい保存可能。


 質の良いクコの実はすぐに柔らかく戻ります。
 熱湯をかけまわして湯切りをしている間に柔らかくなります。
 とても硬いクコの実の場合は、熱湯をかけまわした後ぬるま湯に漬け置いてください。
 効率の良いクコの実の1日の摂取量は12~20粒との事です。

     線 ハート


  大きなゴーヤ、もう1つの今日の料理は

 ・ゴーヤの豚肉巻き
 2014-08-03+003_convert_20140803204838.jpg


 ・しゃぶしゃぶ用豚肉は、醤油と酒に漬けておく

 ・綿を取り除いたゴーヤは3mmぐらいに輪切りにする。

 ・漬けた豚肉はキッチンペーパーに並べ水分を取る。

 ・輪きりにしたゴーヤにカタクリをを少しまぶし、豚肉を巻く。

 ・ほんの少し、粉(片栗粉・コーンスターチ・上新粉 等 有る物)をはたき
  180℃で色よく揚げる。

 2014-08-03+004_convert_20140803204855.jpg

  味の濃さがわかりません。 なるべく薄味がいいです。

  濃くしてしまうと、後でどうしようもありません。

  今日は、少し薄いようでしたので、梅干しをそばに添えてみました。

  とてもさっぱりと 酸味と共に いただけました。

  どうぞ お試しくださいね。
 

    線 ハート


   ゴーヤ料理のお供は・・・・・昨日 届いたビール

   2か月前に 注文したのをすっかり忘れていた 私(爆笑)

   とても、美味しかったです。 とても素敵なビールでした。

 2014-08-03+006_convert_20140803204936.jpg


 2014-08-03+007_convert_20140803204957.jpg


  
     線 ハート


2014/08/03 21:46 | お試しレシピTRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。