スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

焼き茄子・・シギ焼き茄子・・

9月7日(金)


  004_convert_20120907210701.jpg

   
        焼き茄子・・・シギ焼き茄子 


          を 作る度に 思い出す事があります。


 


     夏になると、何回も 何回も 何回も  茄子を焼くたびに・・



         
               思い出す 夏の朝の 会話



                     そして、少し 心が濡れて 



       焼き茄子・・シギ焼き茄子は   



              まったりと   ねっとりと  五感に響くのです。





  私の 父は開業医でした。


        ベット数30床弱の 小さな病院を開いていました。


  母は、その病院の栄養士、調理師をして、 朝早くから 夜おそくまで

        
                          働いていました。

    
  私は、母が 目の前に いるのに なかなか 話す時間もない、


  話しかけても、『 後でね。 親元離れて住み込みで 働きに来ている人が、 


  かわいそうだから、人の前では、お母さんにベタベタしないの 』


  と言われてしまう 事が いやで とても寂しい気持ちになっていました。

 
        当時の従業員は中卒で働きに田舎から出てきていたのです。


        なので、母は私立学校に通う私を 従業員に気がねしたのと、


        口減らしのためにと、娘を連れてきた父親が 


        私に絡んだことがあるので、とても 気を使っていたのです。


        



  中学生の頃の私は、


  学校が夏休みになると、朝寝坊をして、9時頃 起きていました。



  母は、 早朝から働いているにもかかわらず 



  9時が10時になろうと私が起きるまで、



        朝ご飯を、待っていてくれました。



  『 庭で、茄子取って置いたわよ、焼いて食べようか・・・・


    こうやって焼いて、、、、皮むいて、、包丁で切らないのよ。。。。


    菜箸で 裂いてね。  


            何かける? 生姜? 胡麻油? おかか? 』



   誰にも、邪魔されない 母と二人だけの時間が そこには待っていました。



  
       年を重ねる度に、熱く 切なくなる 



            焼き茄子・・・・シギ焼き茄子の・・・思いでです。


     
    ☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~・,。★。,・~~・,。


      *のんびり亭の晩御飯 二人ご飯


     006_convert_20120907210719.jpg
 


      
・なめたカレイ

 003_convert_20120907210642.jpg



・鯵のたたき

 001_convert_20120907210542.jpg



・冷や奴

 002_convert_20120907210623.jpg






2012/09/07 21:47 | 思い出COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

せつなくて、、、心温まる思い出ですね。
映画のワンシーンのよう。。。
思い出を台無しにしてはいけないので、、、
多くは語らず、わたしは退場いたします。。。

No:5838 2012/09/08 20:36 | おNOU天気 #- URL [ 編集 ]

v-22 おNOU天気さんへ

どうもありがとう。

子供の頃は何も気づかず、
不満の感情が先走ってしまいますが、

年とともに、
私は幸せな子供時代を送ったんだと
実感出来るようになりました。

そして、客観的に冷静に思い出せるように
言葉に出せるようになりました。

子供の気持ち、親の気持ち。。。。

No:5839 2012/09/09 06:37 | ロッキー&マーフィー母 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。