スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

年齢・・相応に、素敵な事です

1月28日(月)

 
  今週は、30日にある叔母の初釜のお手伝いで ちょっと忙しい。

  今日は、買い出しに行きました。明日は下ごしらえです。


 

  叔母・・・私の母の1つ年下の妹、、、今年誕生日を迎えると84歳。

  とっても、元気!!!  でも 今日は同じ物3回も買おうとしました。


  少し、我がままになってきたけれど、全て許せる。

  叔母と会うたびに 母も生きていたらこんなだったのかのかなぁ・・

               と思う。。。   

  42歳で逝ってしまった母を かさね ちょっと センチメンタルな気分になる。



  同級生に、

  『 大変だったと思うけど、 いつまでもきれいな 素敵なお母様の

    記憶だけが残っていいわね。 うちは ボケ老人よ 』


  と、言われたことが ある。


  どうなんだろうね。と今でも思う・・・・ 


  いつまでも 母を引きずっている自分が・・・少し情けなくもある。

  
  私は、少し子供に面倒をかけて、みたいなと思っている。
  
  
    線 水玉


     *のんびり亭の晩御飯 二人ご飯



  007_convert_20130127212335.jpg


  まだ、、、お豆腐特集です。



・厚揚げの中華炒め

 001_convert_20130127211126.jpg


・鶏団子と豆腐の鍋  

 003_convert_20130127211755.jpg



・フキと鶏ささみの和えもの

 002_convert_20130127211442.jpg

  ポン酢少々&白醤油 です。


作ってみたかったパンです。
 004_convert_20130127212124.jpg

   レーズン各種、クルミ、白イチジク

   目いっぱい入れて見ました。 昨年の夏ごろ レシピ考えていたのですが、

   やっと、エンジンがかかって作ってみました。

   レーズン類は 6か月以上ラム酒に浸けて発酵させました、

   白イチジクは プラム酒(梅と焼酎 砂糖なし)に浸けて見ました。


   感想・・・・味は 我が家好み とてもよかったです。

         食感 白イチジクを捏ねてしまい、ねっとり感がありました。
            歯に着く感じ、 まるで好みではありません。

          
     というわけで、 また 挑戦したいなと思いました。

   

  

スポンサーサイト

2013/01/28 22:25 | 思い出COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

焼き茄子・・シギ焼き茄子・・

9月7日(金)


  004_convert_20120907210701.jpg

   
        焼き茄子・・・シギ焼き茄子 


          を 作る度に 思い出す事があります。


 


     夏になると、何回も 何回も 何回も  茄子を焼くたびに・・



         
               思い出す 夏の朝の 会話



                     そして、少し 心が濡れて 



       焼き茄子・・シギ焼き茄子は   



              まったりと   ねっとりと  五感に響くのです。





  私の 父は開業医でした。


        ベット数30床弱の 小さな病院を開いていました。


  母は、その病院の栄養士、調理師をして、 朝早くから 夜おそくまで

        
                          働いていました。

    
  私は、母が 目の前に いるのに なかなか 話す時間もない、


  話しかけても、『 後でね。 親元離れて住み込みで 働きに来ている人が、 


  かわいそうだから、人の前では、お母さんにベタベタしないの 』


  と言われてしまう 事が いやで とても寂しい気持ちになっていました。

 
        当時の従業員は中卒で働きに田舎から出てきていたのです。


        なので、母は私立学校に通う私を 従業員に気がねしたのと、


        口減らしのためにと、娘を連れてきた父親が 


        私に絡んだことがあるので、とても 気を使っていたのです。


        



  中学生の頃の私は、


  学校が夏休みになると、朝寝坊をして、9時頃 起きていました。



  母は、 早朝から働いているにもかかわらず 



  9時が10時になろうと私が起きるまで、



        朝ご飯を、待っていてくれました。



  『 庭で、茄子取って置いたわよ、焼いて食べようか・・・・


    こうやって焼いて、、、、皮むいて、、包丁で切らないのよ。。。。


    菜箸で 裂いてね。  


            何かける? 生姜? 胡麻油? おかか? 』



   誰にも、邪魔されない 母と二人だけの時間が そこには待っていました。



  
       年を重ねる度に、熱く 切なくなる 



            焼き茄子・・・・シギ焼き茄子の・・・思いでです。


     
    ☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~・,。★。,・~~・,。


      *のんびり亭の晩御飯 二人ご飯


     006_convert_20120907210719.jpg
 


      
・なめたカレイ

 003_convert_20120907210642.jpg



・鯵のたたき

 001_convert_20120907210542.jpg



・冷や奴

 002_convert_20120907210623.jpg






2012/09/07 21:47 | 思い出COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

大切な出会い

6月22日(金)



 今日は、私が、ブログを始めたきっかけを少しお話し したいと思います。


  その前に、
  
  30年以上も前のことですが、私が始めて 自分で飼った犬のことも


  お話しします。  お時間があったら、お付き合いください。


   010_convert_20120622093730.jpg



  以前、私が飼っていた 犬は 


  シュットランドシープドッグ・・・シュルティーでした。


 001_convert_20120622093603.jpg

 
  名前は、ダイアナ です。 



  とても、優しい頼りがいのある パートナーでした。


  私には兄妹姉妹がなく、母は41歳の時の若さで亡くなり、


  父は再婚して遠くに住んでいましたので、


  
  困ったなと思った時、どうしようと思った時、


  話し相手にしていたのが ダイアナです。


  それは、今でも変わりません。 たまに、、、


 『 ねえ、ダイアナ どうしよう? 力を貸して 』


 と、思っている自分に 気が付きます。



 子息を育てていたころ、 いつも力になって寄り添ってくれていました。

 003_convert_20120622093630.jpg


 
 そんな、ダイアナも 子息が小学校2年の時 12歳で逝ってしまいました。


 
 しばらく、犬とは無関係の暮らしをしていましたが、



 子息が高校を卒業し、手がかからなくなり 


 家にいる時間がふえ、 夫婦の会話も途切れがちになってきて・・・


 また、犬を飼うときが来ました。


 *~**~**~**~**~**~**~**~**~*


 
  ロッキーが、散歩するようになり、


  いつも会う、散歩仲間もでき、友達になり、


  マーフィーがやってきました。


  夏の朝の散歩時間帯は 早く 日の出とともに、


  若くて、元気のよい 犬を連れた 同じ年の 新しい友達と、


  朝早くから、気の向くまま・・・・1時間以上散歩をしていました。



  そんな 時の会話の中、 


  『 私の、幼馴染が プードル飼っていてね、ブログしてるのよ。


    私は、パソコン苦手だけど、あなた好きでしょう。


    ワンコのブログやらない? ロッキー、マーフィーの写真友達が見たいっていってるし・・・』



  ほんの、8か月ばかり(笑)、いろいろ考えて、沢山人のブログを見て、


  私は、このブログを始めました。  


  トイプードルのキララとボロニーズのサスケに会うために。



  そのきっかけを作ってくれた ブログ・・・『 キラサス 』


  ページの右手リンクに  キララままさん・・・キラサス   ではいっています。



  トイプードルのキララが 先週 きら星になって逝ってしまいました。


 010_convert_20120622093730.jpg


  ブログを始め、 ブログを通して、新しい出会いが 沢山ありました。


   その出会いが どんな出会いであっても、


   それは生きる糧になってくれます。


   そんな素敵な、プレゼントを  キララ が与えてくれました。


   キララ あなたに直接 会うことはなかったけど、とても感謝しています。




   
    最後に、 


    今でも思い出すと 涙が出てきてしまう ダイアナの事を

         書かせてくれたことにも、ありがとう。


    




 

2012/06/22 10:36 | 思い出TRACKBACK(1)  TOP

大切な写真

6月7日(木)


     *のんびり亭の晩御飯 家族ご飯


 005_convert_20120606083740.jpg



・春菊の白和え


 002_convert_20120606083646.jpg



・カブのコンビーフ蒸し焼き

 001_convert_20120606083627.jpg



・肉じゃが

 003_convert_20120606083703.jpg



・塩サバ

 004_convert_20120606083721.jpg







  *~**~**~**~**~**~**~**~**~**~*



  *~**~**~**~**~**~**~**~**~**~*







      ・我が家の居間に飾ってある 大切な記念写真


 004_convert_20120607162713.jpg


 向かって、左から 1991年 子息・・小学校3年生、  1992年、 1994年 です。


 これは、以前、日本で開催されていたワールドジュニアゴルフ選手権大会の

 写真です。


 三笠宮寛仁殿下が 名誉総裁でいらっしゃいました。



     写真に快く応じてくださった 三笠宮寛仁殿下でした。


       心からご冥福をお祈り申しあげます。


 005_convert_20120607162745.jpg




  翌年(1992年)もお元気で、お出ましになりました。
 007_convert_20120607162817.jpg

   大切な、思い出となりました(合掌)



2012/06/07 16:49 | 思い出COMMENT(6)TRACKBACK(1)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。